Google アナリティクス リアルタイムから自分のアクセスを除外する方法

Google アナリティクスはリアルタイムにアクセス解析ができます。

たった今誰かがアクセスしているのがビジュアルに流れていくのは感動モノです。

しかもソーシャルからのトラフィックまでリアルタイムで見えるのですから、たった今流したツイッターが共感を呼んだのか呼ばなかったのかまですぐに分かってしまいます。

ところがこのGoogle Analyticsは閲覧している自分までもがアクセス解析の対象になってしまいます。

「現在1人のアクセスがあります」なんて出ていても「なーんだ自分か」てな感じです。

自分自身が対象ということはサイトの制作や修正でアクセスをたくさんした日にはそこだけアクセス数が増大してしまう結果になります。

アクセスたくさんある!って感動してよくみてみるとサイトを修正した日だったなんて悲しいです。

ですのでGoogle Analytics から自分のアクセスを除外する方法をGoogleは用意してくれています。

閲覧するブラウザ毎の設定が必要ですがGoogleが提供するプラグインを入れるだけです。

昔はアクセスするIPアドレスをフィルターに入れていましたが今は誰でもできるようにプラグインで提供されるようになったようです。

【Google Analyticsから下記プラグインをダンロード】

Google アナリティクス オプトアウト アドオンのダウンロード ページ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

スポンサーリンク
スポンサーリンク