windows8にBluetoothアダプタで外付けキーボードを設定する方法

デスクトップにWindow8をクリーンインストールしました。

我が家のUSB外付けキーボードはメインで使っているノートPCに刺さりっぱなしです。

ですのでデスクトップPCなのにキーボード無し状態の役立たずになっています。

Window8を入れてからというものの立ち上げるたびにノートPCから外付けUSBキーボードを取り外しデスクトップPCに差し替えていました。

ええい、めんどくさいヽ(`Д´)ノ

ということでBluetoothアダプターを買って来ました。

IMG_0981 (420x560)

ちなみにアキバヨドバシでも990円。

さてよく調べずに買ったけれどWindows8で動くかな?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

PLANEX Bluetooth USBアダプタのWin8設定ではまる

今回設定する機種:BT-Micro3E2X
対象PC:Window8(64ビット)

まずおもむろに開封するとドライバーCDが入っている。

これを入れろってか??

ということで説明書にはWindows8についての記述はなかったが迷いもせずにCDをつっこんでしまった。

これが失敗の原因。みんなやらないように。

製品ページを見てもWindows8情報はなしなので疑いもせずにUSBポートにBluetoothアダプタを差し込んでCDからドライバーをインストールしました。

ところがうごかない。

再起動してもドライバを公式ページにある最新のものにしても動かない。

。。。PC環境が安定してきた2013年の現代、超久しぶりに動かないハードをみたぞ。。。

おじさんはSCSIに苦労したDOSの暗黒時代をおもいだしたぞ。

改めて公式ページを調べてみるとWindow8の標準ドライバを使えとのこ!!

PLANEX BT-Micro3E2X

先に言ってくれろ(T_T)

PLANEXBluetoothUSBアダプタには標準ドライバを入れろ

デバイスドライバーから標準ドライバに入れ替えます。

デバイスマネージャーから「不明なデバイス」もしくは「Bluetooth」を右クリックしてプロパティを開いいてください。

ドライバの更新をします。

Bluetoothアダプタ設定1

Bluetoothアダプタ設定2

blue03

blue04

ここで「Generic Bluetooth Radio」を選択すると幸せな感じになります。

blue05

成功!!

blue06

「デバイスとプリンタ」で出現した「Generic Bluetooth Radio」を右クリックするとBluetoothの設定ができるようになります。

下のようにチェックを入れていきます。

blue07

「Bluetoothデバイスによるこのコンピューターの検出を許可する」にチェックを入れると新しいデバイスを追加できます。

追加が終わったらこのチェックは外します。

いよいよキーボードの接続です。

Windows8、Bluetoothアダプターで外付けキーボードを接続設定する

さあさあいよいよやりたいことのクライマックスが近づいて来ましよー。

これができればノートPCからいちいちUSBキーボードを抜き差ししなくてもデスクトップPCの電源を入れればいつでもすぐにWindows8が使えるようになります。

いえい。

さて能書きはおいておき、先ほど説明しました「Bluetoothデバイスによる、このコンピューターの検出を許可する」にチェックは忘れずにいれてありますか?

blue07

では、接続したいキーボードのペアリングを始めます。

ボクのキーボードはiPhoneでも外付けBluetoothキーボードとして使っているとっても使いやすい「RBK-2000BT3」です。

こんな感じでペアリングしています。

aaa

Window8側の設定ですが機器をペアリングモードにしてからデバイスを探し登録する必要があります。

IMG_0983 (560x418)

タスクトレイにある「Bluetooth」アイコンを右クリックしデバイスを追加を選択すると上のような画面になります。

うまく認識されると「キーボード」などと接続したい機器の名前が表示されます。

これをクリックすると画面に暗証番号が現れますのでキーボードからこれを入力します。

IMG_0984 (560x420)

暗証番号が正確に入力されるとペアリング完了です。

IMG_0986 (560x420)

快適に接続されました。

Windows8とBluetoothキーボードの使い心地

2005年頃にBluetoothキーボードを初めて使った時、思考の途中で考え事に入るときキーボードが切断されてしまい次に入力するときに1,2文字を接続完了するまでの間に取りこぼすことがよくありました。

対策として最初にシフトキーを押すなりしてBluetooth接続を完了させてから文字を打ち始めていました。

このストレスがイヤですぐにBluetooth接続の外付けキーボードの使用はやめてしまいました。

時代は変わりました。もうそんなことはありません。

  • キーボードの使用をしばらくやめて入力再開してもキー取りこぼしがまずない。
  • PCの電源オンしてすぐに接続されているので入力にストレスがない。
  • スリープからの復帰はキーボードをタッチしてもさすがに復帰しない。

ケーブルレスで接続できるのは本当にきもちいいです。

ボクは同じキーボードをiPhone5でもBluetooth接続で使っています。

入力の画面を大きくして使えますのでブログ作成がはかどります。

IMG_0517

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメント

  1. 正広 より:

    素敵な内容で、大好きです

  2. takeuchi より:

    こんにちは。
    今回[BT-Micro3E2X win8] で検索したところ一番上に検索がヒットしました。

    参考になりましたのでコメントを残させていただきました。

    ありがとうございました。

    • くにひろ より:

      お役に立ててうれしいです。
      でも本当にWindows8って戸惑っちゃいますね(;´Д`)

  3. kenet より:

    「Bluetoothデバイスによるこのコンピューターの検出を許可する」
    チェックにてアイコン表示とデバイスが更新されました。

    Webサイト Win7 64bitまででしたがデバマネでは認識・動作しているようにみえますのが落とし穴ですね。
    参考になりました。
    有り難う御座いました。(^0^)/

    メーカーも設定詳細追記すべきですな。

  4. kenet より:

    メーカー ドライバダウンロード Webサイト の事です。

    同一ページにWin8はOS標準を使用せよと書いてあれば
    まだ親切なんですが・・・