パニック障害の人がやるといい仕事とは?

パニック障害の人がやるといい仕事を結論からいいます。

時間と場所に制約されない仕事をすべし。

そして好きな事をすべし。

パニック障害の仕事

基本的には社会から逃げてはいけません。

逃げても逃げても社会は執拗に追いかけてきます。

最初からしっかりと向き合ってパニック障害を克服した方が、その時は辛くても結果楽しい人生が送れます。

いっときやり過ごしてもパニック障害は多くの場合再発するからです。

ボクがそうでしたから。。。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

パニック障害の仕事選びのポイント

今までの仕事を続けている人基本はそのまま仕事を辞めずに続けましょう。

もちろんその仕事が自分にとって魅力がないものだったり、すでに情熱が冷めているのなら新しい自分の世界を探すのがいいと思います。

ボクはパニック障害をきっかけに好きだったパソコンを使った仕事を始めました。

会社という組織形態の中で生きている自分をまったく想像できなかったからです。

幼稚園も学校も得意ではありませんでしたから。

制約されない仕事を選ぶためには

パニック障害にならない人ってどんな人かというといつも楽しんでいる人です。

「明日はなんかいいことありそう」って理由もなく感じている人はパニック障害になりません。

現実がどうであれ明日いいことがあるんじゃないかという心で毎日を過ごせることが一番の幸せなのです。

長嶋一茂さんは父、長嶋茂雄のことをパニック障害から一番遠い人と書いています。

週刊誌やワイドショーに叩かれても叩かれても

「えっ?そうなのか?一茂?」

とそ知らぬ顔でいつもと全く同じ生活を送っていたそうです。

いつも好きなことに情熱的に取り組んでいる人は自分と関係のないこと、自分に損なことに対して意識を向けていません。

情熱的になれることを創る。

これがパニック障害の克服に一番効きます。

新しい自分を発見することだってできるでしょう。

仕事をしなくてはいけない。なんて誰が決めた?

ボク達の心にはとてつもなく大きな思い込みがあります。

決めつけ、思い込み。

これが自分の心を苦しめている犯人です。

だからパニック障害を患うことになるのですね。

ここから脱出するには心にもっと優しく接してあげる必要があります。

今までの自分の心の制約をかなぐり捨てて、自由な心でいられる生活を創ることが大切です。

  • 仕事をしなくてはいけない
  • 会社に行かなくてはいけない
  • ご飯は朝昼晩3度食べるものである
  • レストランで出される料理は一人前だから全部食べるものである

社会には洗脳的な教えがたくさんあります。

会社員の長男で生まれたボクは会社に入って通勤することがあたりまえだと思っていました。

ところがこの世には働いてもいないのに豊かに暮らしている人がいかに多いことか。

この矛盾というか、差別というかに怒りを感じていました。

そしてパニック障害になって10余年。やっと気がつきました。

自分で自分の生き方、常識を勝手に作っていたのですね。

それに気づいてから自宅でPCを使って好きな仕事をすることに
抵抗感がなくなりました。

すると逆にいろいろな仕事が舞い込んでくるものです。

  • ウェブサイト作ってください。
  • 講師をやってくれないだろうか
  • セミナーの企画と運営をサポートしてください。
  • アフィリエイトを教えてください。

こんな感じで仕事の幅はどんどん広がっていきました。

Aクラスの生き方をめざそうね

ボクは今、会社に行かずして仕事をしています。

それでもカフェでゆっくりと読書をしたり
リゾートホテルでゆったりした時間を過ごせるように変わりました。

かといって勘違いしないでほしいのですがものすごい大金持ちになったわけではありません。

一番空いている時期に旅行に行けば最盛期の4分の1くらいの料金でいけます。

平日に東京に出掛ければ人気のカフェだって空いていてとても気持ちがいいのです。

ボクが得たのは自由な時間。それはAクラスの生き方です。

ほら、旅行のパンフレットについているカレンダー、一番安い期間は「A」でしょ。

だからAクラスの人生なんです(*´ω`*)

今パニックにとりつかれている人は本当に大変だと思います。

もちろんボクもその一人です。

でも必ずしや未来は明るく開けているって心に教えてあげて下さい。

その心が現実を変えますよ。

そしてもしパソコンをいじることが嫌いではないのならば、
パソコンを使ってどうしたら多くの人に役に立てるのだろうって考えてみて下さいね。

一緒に学んでいきましょう。

【2014年1月追記】
ボクがパニック障害を経験したことがある人に勧めている仕事。
こちら

ボク自身やっぱり通勤電車はきらいですし
時間を指定されてどこかに出向かなきゃいけないことは気が重いです。

いまだに。。。

でも好きなことややりたいことであれば
結構なんでもできちゃいます。

だから講師業だったりセラピーだったりをするのはよろこんでやっています。

だからボクのグループで一緒に仕事をしていただける人は
体と心の調子を思いやりながら一緒にやっていけるようにしています。

くにひろまでお気軽に聞いて下さいね。
パニック障害の人がやるといい仕事は?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします