大人ギター、ヤマハ音楽教室でスタンド・バイ・ミーを弾るようになりました

ヤマハ音楽教室、大人のギター教室に通い1ヶ月半。

ついにスタンド・バイ・ミーの1曲とおして弾くことができるようになりました。

生まれて初めてギターを肩にかけ、ピックをもち、タブ譜をみる。

40後半の男が、ジョン・レノンの名曲スタンド・バイ・ミーを通して弾けるようになる日がくるなんて、なんてうれしいことでしょう。

毎日、仕事をしながら合間にちょくちょくとギターを弾くことは、パニック障害の予防にも改善にも効果があります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

感覚に集中するとパニック不安は収まる

大人のギターヤマハ音楽教室
Red Heaven. (Explored!) Photo by pasotraspaso

ギターはもちろん、楽器を弾くことは振動というもので体に直接ひびきます。

この波動が心の安定、静けさを取り戻すのにとても効果があります。

パニック障害の不安発作は、雑念などで思考が暴走した結果に起こります。

ネガティブな雑念が溜まりに溜まり、潜在意識がスーパーネガティブになり、自動的にわき上がってくる考え方がどうしようもないネガティブなのですから、不安が止まらなくなっても当然です。

パニック障害やうつの方は、とにかくどんなことでもいい、集中することが大事です。

仕事でも、趣味でも、家事でもどんなことでも目の前のことに、一心不乱になることで自己治癒力がでてきます。

そのなかのひとつとして、音楽はとてもいいものです。

ずっとやりたかったことを今すぐやる。行動力の勧め。

ボクは目が悪いので、できるだけ目を使わない趣味をやりたと思っていました。

40歳を超えたくらいから、いつかはギターを弾くぞとおもいつつ、そのいつかはやって来ませんでした。

期待した「いつか」という時は来ずに、パニック障害の再発という呼んでもいないものがやってきました。

不安発作が止まらない中で、少しでもポジティブなことを考えて生きる気力をひきだしました。

  • 新婚旅行に行きたい(まだ行っていませんでした)
  • ギターを習いたい
  • 妻にも、好きなことを好きなだけやらせてあげたい
  • 明日命はないかもしれない。ならば今日なにをする?

少し調子がいい時に旅行のパンフレットをもらいに行きました。

旅行センターの前にはヤマハ音楽教室があり、なにげに手にとったパンフレットは大人のギター教室でした。

そこで初めての人限定割引プランがあるのを知り、すぐに入学を決めました。

まだパニック発作の前兆が心を占めていましたが、そんな不安にとりつかれていても仕方がないことです。

不安を不安として感じれば感じるほどに、暴れだします。

それが心の法則です。

だから行動することで、不安よりも楽しみに心を向けてみました。

リズムと集中が心から不安を解消する


スタンド・バイ・ミーを通して弾いている時、心が躍動してくるのがわかりました。

初めて音楽というもので心が踊りました。

この瞬間、心のなかには不安も、未来への心配も、パニックの前兆もありません。

波動で満たされて、体中の細胞が振動しているのです。

今日のレッスンでやったこと。

  • スタンド・バイ・ミーを通して弾く
  • 新しいコードをふたつ(Bm7、B7)
  • アルペジオ

アルペジオってかっこいいですね~。

ここまで来たかって、自分がカッコよく見えてきました^^

こんな風に自分が気持ちよくなれることが、パニック障害などの精神疾患には最高の自己治癒なのです。

思いっきり自分を持ち上げちゃってOKです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします